れんしゅう、その意味。

リハーサルから、レッスンまでの1週間、
実は、長女さん全く練習をしないという異例の事態。

こちらからは、ビデオに録画した映像を見ることや、
音楽だけでも聴く?とやんわり、時々ピリッと声をかける
ものの…
本人、断固拒否。

うーん、困った。
このままじゃ絶対踊れないし、一人で踊るわけじゃないから
他の子も可哀想。
そう、長女はこつこつ何かをするとか、歯を食いしばって…という
性格ではなく、その時、その瞬間が楽しい!楽しみたい人。
バレエに限らず、縄跳びも、鉄棒も。



そして、レッスンは始まり…
長女以外の3人は、リハーサル以降火がついたようで、
家で何度も練習をして、一応振り付けは覚えているとこ
までは出来ているとのこと。

踊りがはじまると、曲に合わせてのびのびと踊るお友達とは
うらはらに長女の顔はこわばるばかり。
肩は上がり、振り付けを見る為に顔は隣の友達をずっと見てるし、
不安でいっぱい。
見ているこちらも、自業自得とはいえ何ともいたたまれず
戻ってきたらどう声をかけようかと、心も締め付けられ…。

案の定、先生からも注意される回数が多く、さすがにもう
辛くてたまらなくなった長女は泣き出し途中で控え室に
戻ってきた。

結局、先生が美味くフォローしてくれ、誰でも完璧に踊れる
訳じゃないから大丈夫〜、と練習へ戻らせてくれたの
だけど(先生は、長女が全く練習してきていないのは知ら
ない(苦笑))。

*****************************

今回のことで、
自分でぶつかってみて初めてわかること、
親としてそれをあえて体験させることの、何と難しいことよ…と
痛感。
きっと、踊りを覚えてないことの不安、ドキドキ、練習への後悔、
恥ずかしさetc…
いっぱいいっぱい味わって、長女は自分なりに今回のことを
乗り越えたんだろうなぁ、と。
帰り道に、
「今日帰ったら、練習する」とボソッと言ったのを聞き、
また、初めて『練習』をした長女が徐々に踊りを覚えた後、
「あ〜、練習って楽しくなっちゃった(笑)!」と、
(割と単純に)ニコニコ踊りだしたのを見て、ホッとした母なのでした。
[PR]
by sawamaman | 2014-03-22 12:18 | 長女 | Comments(0)

なつやすみ。

長い長い夏休みも、残すところあと10日ほどになりました。
いやぁ、ホントに長かった。。。まだ終わってないけど。

前半は、工作をしたり、水遊びをしたり、絵の具をしたりと、
退屈させることへの罪悪感もいっぱいあったので、あれこれと
こちらもアイデアをしぼっていたのですが…。
さすがにお盆も過ぎ、毎日の暑さにも飽き飽きし、アイデアも尽き(笑)、
毎日二人でグダグダと暮らしてます。

何でこんなに長く感じるんだろう?といろいろさかのぼって考えてみると…。
私も娘もこんなに長く夏休みをするのは初めて!
私は、娘出産の夏と翌年の夏だけはお休みでしたが、出産前はフルタイムで
お盆も通常業務の職場で全く夏休み感ゼロ。学生時代もずっと部活と実習で、
こんなにガッツリ休みなのは小学生以来(笑)。
同じく娘も、私がパートの時は週に数回保育園、幼稚園のお預かりへ行き、
お互いにあまり休みを意識したことはなかったなぁ〜と。

そんな初めての密着夏休みですが、もうすぐ5歳になる女子には
お母さんと遊ぶよりお友達と遊ぶほうがはるかに楽しい。
当たり前ですよね。

とりあえず、あと10日で2学期。
ただ、気温が全く変わらず、秋の気配が一向にしてこないので、
しばらくは間引き出席とお預かりで乗り切る予定です。
猛暑で2時にお迎えは無理〜(泣)。。。
頑張れ〜、娘!そして私も(苦笑)

d0176352_1020718.jpg

お盆に近場で一泊。

d0176352_1020835.jpg

絵の具、わりと気に入った様子。
[PR]
by sawamaman | 2013-08-23 10:20 | 日々のこと | Comments(0)

長い長い夏休み。

すっかり月に1度の更新になっていますが、ぼちぼちと過ごしてます。

例年より早い梅雨入り、かと思ったらから梅雨…
そして早すぎる梅雨明け&猛暑。。。

急に日中の温度が高くなり、幼稚園のお迎えも、暑さと急な坂道の
おかげでおさまらないほどの息切れ状態に。(貧血かなぁ〜)
そんなこともあり、数日早く娘には夏休みに入ってもらいました。

朝昼のお迎えと毎日のお弁当から解放されたのもつかの間、
私と一緒に過ごせて嬉しい半面、どうしようもないくらいの赤ちゃんがえりを
見せ始めた娘サン。
正直、秋には5歳だしここまで???!!!とビックリ。

女の子だからなのか、おしゃべりが達者だからなのか、
幼稚園の誰かにいじめられたとか、私があっちに行ってって言ったとか、
様々なウソ?話を作っては、とにかく『私ってかわいそう〜〜〜』な
位置にもっていきたがります。
「私ってダメな子〜!」
「ママとパパは赤ちゃんが産まれたら、私の面倒なんて見なくなる〜」
等々。。。

つき合って、受け止めてあげなければと思うけれど、
正直、自分の中にもそれだけの余裕がなく。。。
家で一人で遊ぶ娘を見ては、罪悪感でぐるぐるしてみたり。

娘の出産から5年、自分の身体、体力がどれほど落ちているか痛切に
感じている私。
ホルモンバランスや、娘の育児があるという違いもあるんだろうけれど、
近場の買い物はもちろん、どこかへ二人でおでかけ〜なんて、
とうてい無理な体調…。
どっぷり体調が悪いというよりも、突然ガクンと疲れたり、
しんどくなるので自分でも先が読めずブレーキを踏んでしまう生活。
もっと楽しいマタニティライフを想像していただけに、
まさか自分の身体に阻止?されるとは。。。

とはいえ、お腹の赤ん坊はどうやら女の子。
娘の時より胎動は穏やかだし(胎動もその子によって違うものなのかなぁ〜)
赤ん坊自体の成長は全く問題ないので、もうすぐ7ヶ月になりますが、
さほど心配することもなく育っています。

そろそろ赤ん坊用品も娘の時のものをチェックして、洗ったり買い足したり
しようかなぁ〜とまだまだのんびりです。

出産自体は1度経験しているから大丈夫でしょ?
みたいなことをよく言われますが、実は今回のほうがドキドキ。
なんでかな?知ってるだけにドキドキ不安なのかな。

と、いろいろ頭をかけめぐるのですが、長い長い夏休みは、
とりあえず娘サンとガチに向き合う毎日になりそうで本当に
頭を悩ましています。。。。
d0176352_14532852.jpg

公園に咲いていたサルスベリの花。

d0176352_1453285.jpg

少し前に行った大きな公園にて。
[PR]
by sawamaman | 2013-07-16 14:53 | こそだて | Comments(2)

3月。

d0176352_0242824.jpg


すっかりご無沙汰している間に3月になってしまいました。

年が明けて、怒涛のように毎日が過ぎて、書きたいことがたまりつつ、
考えたいこともいっぱいですっきりしない毎日。
でも、目の前には毎日いろいろやることがあって…。

少しずつ落ち着きを取り戻しつつ、自分の頭の中のことも書いていこうかな。
春の訪れとともに、ぼちぼちと。

3日でマフラーを仕上げました。
お仕事がらみでしたが、急を要するとのことで非常勤ながら参戦。
長い冬を過ごされる被災地の方にどうかどうかぬくもりが届きますように。


d0176352_0242988.jpg


あと1ヶ月ちょいで待ちに待った幼稚園生活のスタート。
娘は、それはもう楽しみで楽しみで仕方ないらしく、
そんなウキウキしている娘へ作った袋達。
作りながら、
「そういえば、さくらんぼのテープは生まれる前に作った
 スタイに使ったんだった~」と、
懐かしさと3年間の早さにしみじみしながら縫いました。

3年間、楽しい時も、ちょっぴり慎重になった時も、
娘の幼稚園生活をそっと支えていけたらと思います。
[PR]
by sawamaman | 2012-03-01 00:24 | てづくり | Comments(4)
夏ごろより悩みに悩んでいた娘の幼稚園。

あれからさらによくよく悩み、結局、最初に希望していた幼稚園に無事願書を提出
することが出来ました。

私の住む区ではわりと定員割れする幼稚園もあるそうですが、人気があるからと
いっていい園、とは必ずしも言えないなぁといろいろと考えるきっかけになりました。

そんな娘は早くも「春になったら~、○○幼稚園にいくねん!」とおおはりきり。
もう毎日毎日、お姉ちゃんになりたくて仕方がない娘サン。
でも、最近は自分が3歳だからと、同じ学年のまだ2歳のお友達にお姉ちゃん風を
ビュービュー吹かせている様子。
実際、私もそういう現場を何度か目にして、どうなんだろう、と悶々としていました。

そういうことが気になるお年頃、言いたい年頃と思えばそうなのかもしれないけれど、
「自分は!!」という我があまりに強すぎて…それってどうなんだろうと。
同じ月齢の子達よりは確かにおしゃべりが達者なぶん、主張も人一倍言葉で出来てしまう。
でも、今はまだ3歳なりたて、相手の主張なんて聞いてやしない。

いろいろな場面を見て、そんな我の強さが本当に我がままなだけなのではないだろうか、と
日々の子育てを振り返る私。

今は何を言っても、「でも~」「でも~」と切り替えしてくるのも気になります。

私の中に、何か一本通ったものがほしい。
自分のあいまいさが、娘のワガママを招いている気もします。

子育てに限らず、私自身の成長の仕方、生きていき方、そんなことを
そろそろしっかり土台固めをしていかなきゃいけないじゃないかと思っています。

悶々としている仕事。
とりあえずリフォームが終わるまでは落ち着かない生活。
追われる秋の行事たち(まだ運動会と七五三が!)

私も春になったら、幼稚園の間少し時間が出来るので、どう過ごそうか
考えようとおもいます。
[PR]
by sawamaman | 2011-10-17 23:52 | こそだて | Comments(0)

迷いが…。

d0176352_1711322.jpg


いよいよ願書配布となった幼稚園選び。
ほぼ絞りきれていたのですが、一つ問題が。
当初聞いていた預かり保育の時間は5時半まででしたが、願書には「常勤の人は…」という但し書きがあり、通常は5時までの預かり保育とのこと。

30分て結構大きくて、パート時間を一時間も短縮したら確実に仕事は無理が生じそう…。
おまけに今の保育園に預けるよりも一ヶ月の保育料がアップ。
時間短縮して、預かり保育代払ったら…。

じゃあもういっそ常勤探す?とか、
この際モヤモヤした職場を辞めちゃう?とか…

仕事してなかったらもう少し近いのびのび幼稚園でも入れるんだよなぁ〜近い順らしいし。

あ〜、すべては私がどうしたいのか、何を優先するのがいいのかが決まってないから迷うんだよね…。

みんな何かを我慢したり、妥協して折り合いをつけて暮らしてる。
私もそろそろ、いやいい加減にそれが出来るようにならなきゃ。

iPhoneから送信
[PR]
by sawamaman | 2011-09-09 17:01 | こそだて | Comments(0)

春。

つい1週間前まで寒かったのに、今は桜が満開。
家の前の広場はこの週末、お花見~お散歩を楽しむ人達でにぎわっていました。

そんな我が家もお花見に!!

と、思っていたら、先週木曜日から娘サンが本格的な風邪…。
初めて40度越えの発熱に咳で、少々びっくりしましたが、
今日になってようやく熱がさがりました。
ただ、咳がまだひどく、それで体力をかなり消耗している様子。
朝一で小児科へ行き、初めて吸入をしてもらいました。2歳半になり、
随分病気をすることも減ったなぁ~と夫と話していた矢先のこと。。。
だいたいこういう話をしていると、熱を出すもんですね子供って。
がんばれ、娘!

今回の娘の病気で仕事を2日お休みしました。
最近、子供の病気でお休みすることも減り、順調に仕事を
こなしていたところガツンときた突発的事件。
私の場合、フルタイムではなく週に2~3回の出勤。
業務の中の一部をその日まるごと受け持つ形なのですが、
私の職種は一日一人しか出勤していないため、代わりがいないのです。
同職種の人が3人いますが、それぞれに曜日を受け持ち出勤しているため
会うのは年に数回という、まさにおりひめとひこぼし?みたいな。

お休みの電話を入れるまでの時間、また「明日はいけるかなぁ~」
「呼び出しあったらどうしよう」…
と頭の中はそれはもうぐるぐる・・・・・
こういう時、働くお母さんは大きな葛藤をかかえながら一番いい選択をして
一つ一つ乗り越えていくんだなぁ~と思いました。

娘の病気も心配。
自分の仕事も心配。
大切なものは?今、自分にしか出来ないものは?

別の意味での葛藤もある今の職場ですが、今回のことで何かが少し
見えた気がしました。

話は少し変わりますが、来年から娘は3年保育です。
今は無認可園に通っているので、もちろんそのまま小学校入学前まで
通うことも出来ます。職場からも一番近いし、融通も利く。でも、
これはあくまで私の仕事環境を優先した上での選択だと思うのです。

でも、これから優先すべきはやはり娘の成長。
認可園に入れるのか、それとも幼稚園に入れるのか。
幼稚園に入れるなら、場合によっては今の職場を考えなければ
いけないことも出てくるでしょう。
時間のこと、内容のこと、場所のこと…
様々な問題をクリアして、来年の春、娘はどこに入園するのか。
この一年間、いや、実質秋には決めなければいけません。

仕事。
今の仕事は正直やりがいがあってやっているわけではありません。
それに気づいたのは、働き始めて数ヶ月後。
6月で1年が経ちますが、このままずるずると勤めてていいのかなぁという
モヤモヤがあります。
もっと、そばで支援できること、もっと人とかかわりながらじっくり
仕事がしたい。生活を支援したい。
これは、私がこの仕事を始めた頃から変わっていません。
今は、この「人」が遠い職場。

何の答えも出ていませんが、今はこの職場で働きながら、自分が
支援したい場所、人のことをじっくり勉強し土台やつながりを
作っていく時期なのかな、と。

とりとめのない雑記になりましたが、また何か見つかったら
書きとめたいなぁ~と思います。

皆さんはどうして今の仕事をしていますか?
よかったら聞かせてください。
[PR]
by sawamaman | 2011-04-11 12:27 | 日々のこと | Comments(2)

手伝って~・・・

昨日2歳4ヶ月をむかえた娘サン。

家でも、そして保育園でも「いやいや~!!」「ち・が・う!!!」の
絶頂期の様子・・・。
そして周囲の動きはおかまいなしという、マイペース派。

正直、仕事がなく、家にずっと一緒にいると朝10時くらいで
こちらがギブアップです。。。トホホ。

そして娘サンはおそろしくおしゃべりで歌が大好き060.gif
朝から晩まで、いや寝てる時もしゃべってたりします。
言葉と歌が交互にいりまじることも多く、とにかく、にぎやか・・・
こちらの頭がザーザーします002.gif

結構これが私にとってはとてもストレスで、母に相談したところ、
私が育った家は兄弟3人ともどちらかというと静かな性格だったらしく
それに慣れて育ったから、「にぎやか」とか「うるさい」のが
ずっと続くことになれてないからじゃないか?とのことでした。
うーん、確かに。納得039.gif

そんな娘サン、二言目には、
「手伝って~」
ご飯も、遊びも、
「手伝って~~~~」

出来ることでも全部私にやってもらおうとします。
保育園では出来るし、家でも前までは出来ていたのですが。
保育園で一緒に遊ぶ乳児さんたちの真似なのか、
赤ちゃん帰り的な行動も多くて、赤ちゃんの時よりずっと手がかかります。

なんでだろう。
そういう時期なのかなぁ。
何か満たされてない感があるのかなぁ。
といろいろ考えてみますが、わからず。


もう一つ気になるのは、先日内科検診で保育園に行った時のこと。
同年齢のお友達とリカちゃん人形で遊んでいたのですが、
たくさんあった人形の服をあぐらをかいて足で囲った中へ独り占め008.gif
お友達が貸してときても、絶対貸しません。

ん~、そういうものかなぁと思うけど、
何か内面に思うところがあるのかなぁともあったり。

そんなことをもやもやと考える2歳4ヶ月でした。
[PR]
by sawamaman | 2011-01-30 12:40 | こそだて | Comments(4)

喜怒哀楽。

我が家の娘サンは、現在2歳3ヶ月。

もちろん外見的には2歳3ヶ月そのものなんだけど、
どうやら口と行動は3歳並みな部分が多々あり、親である
私達もしばしば困惑することが多い。

ひいき目を抜きにして、どうやら発達が早いみたいなのだけど、
そう思うのもやはり、保育園の先生が口々にそう言ってくれるから。
たくさんの子供を見てきたプロの方が言うのだから、
実際そうなんだろうなぁと。

かと言って、生まれてから特別に本をたくさん読み聞かせた
わけでもなく、何か英才教育をしたわけでもなく…
どちらかといえば、母サンは日々いっぱいいっぱいで
たいしたことをしていないのが現状(苦笑)
公園遊びも、家でのブロック遊びもたいしてつきあってあげて
いないと反省の毎日。ごめんよ、娘サン。

まぁ、早いとか遅いとかは別にして、
私が気になるのは娘の感情表現があまりに激しいこと。

嬉しいときは、壁に激突しそうな勢いで走って、飛んで
「ステキ~!!」と目を輝かせ、
意に副わないときは、キッとにらんだ目つきで、
「ちーがーう!!!!!!」と全身で怒る・・・
そして、すぐ泣く(笑)
どこで覚えたのか、ちょっと構って欲しいときは、
「○○ちゃん、さびしかったの~053.gif
と彼氏に上目遣いですりよる女子のよう。。。

2歳3ヶ月。
まさかこの年齢でこんなに感情表現が高度だとは
思ってなかったけれど、
きっと、10年後の思春期もこんな感じなんだろうなぁ~と、
今のミニ思春期(反抗期)を見ていて予想がついた。

そして、今、この喜怒哀楽に母サンはぐったり振り回されて
いるけれど、10年したら、あの頃はかわいかったなぁ~・・・
と振り返る日がくるんだろうな。

この起伏を受け入れられる広い心がほしい~、と毎日願いつつ、
明日こそは笑顔で過ごしたい…と切望の夜なのでした。
[PR]
by sawamaman | 2011-01-16 22:08 | こそだて | Comments(0)

娘の性格。

ついこのあいだのこと。

娘がティッシュをとろうとしたら、ティッシュカバーがはずれてしまった。
当然、娘は自分で直せるはずもなく・・・
しばらく様子をみていると、

「んー、まぁいっか023.gif

と、あっさりあきらめて別の場所へスタスタいってしまいました。

え?ちょっと直してみようかとか、ママに言いにくるとか…ないの??

娘の意外と大雑把な性格を垣間見た出来事でした。

きっと、何事もこれからそんな感じで乗り切っていくんだろうなぁ。
いいのか、悪いのか・・・。
[PR]
by sawamaman | 2011-01-01 13:51 | こそだて | Comments(0)

住み慣れた神戸を離れ、横浜の地へ引っ越してきました。家族のこと、本のこと、自分のこと等々、ぼちぼちと。


by sawamaman