タイミング。

今年は厄年(本厄)らしく、1月に胃腸風邪、今日は鼻喉風邪と、体調不良続きな私。
唯一、2月は仕事も幼稚園も皆勤賞で、というか、仕事と幼稚園しかしてない(笑)1ヶ月
でした。

今日は本当はずっと前から受けたかった講座があり、幼稚園もフルにお預かり申し込みで、
仕事までお休みもらってたのに…まさかの病欠となってしまいました。。。
しょんぼり。

治りかけだったから、頑張れば行けるかも?と20代の私なら間違いなくこなしていた
スケジュールですが、最近は「無理はしない」が先に立ってしまう。
いや、「立ってしまう」というよりは、あえてしないように自分の行動を控えている
感じ。
きっと、子育てが落ち着いたらまたむくむくとやる気がわいてきて、飛び回りたくなる
かもなぁ〜と。

だから、今日はそういうタイミングだったんだなと思うようにしました。
今日の講座はこれから始めたい学びでもあったけれど、きっとまだ時期尚早という
こと。また、こつこつと本を読んだり、出来る範囲での学びを進めていこうと思い
ました。
まだやるべき仕事や役割があるということなんだろうな〜(笑)

ぼかぼかと暖かくなってきたので、春からの生活をもう一度ゆっくりと見直しです。
[PR]
# by sawamaman | 2013-03-08 13:37 | 日々のこと | Comments(0)

こころの成長。

ここのところ毎晩9時になると睡魔に襲われ、早々に就寝してしまっていた私。
あと半月でもう春休み!と最後の気合い(お弁当作り&山登りな送り迎え。。。)を
入れつつ過ごしていたところ、娘のほうでは小さな心の戦いがおこっていたらしく…

昨日は朝ご飯ももりもり食べ、いつも通りに登園し、あぁ〜今頃お弁当の時間か〜
とのんきなことを考えていたお昼過ぎ幼稚園から電話がかかってきました。
先生の説明によると、
「お弁当を食べていたら急に泣き出して…喉が痛い〜と号泣なんです。早めに
お迎えに来れますか?」と。
あんなに元気だったのに、風邪?!今日木曜日だから病院どこも空いてないしなぁ〜と
何となくモヤモヤしつつ幼稚園へ。
着くと娘は少々元気はなさそうだけど、みんなと一緒にお帰りの準備をしているところ
でした。
先生との話もそこそこに娘は私の手を引っ張ってさっさと幼稚園を出ようとしていました。
何となく病気じゃないような気もしたので、
「ちょっと時間も早いし、どこかで美味しいものでも買って帰る?」と聞くと、
「今日はママと早くおうちに帰りたい」と言ったまま門へ走っていきました。
あわてて追いかけ、門を出るや否や、
「お弁当の時に(年長さんの)お友達がお箸の(ゲームみたいなもの)をやろうって
言ってきたけど、私がやりたくないって言ってもずっとやってくるから、、、
そしたら急にママに会いたくなって、喉が痛くなっちゃったの!!」と一気に話し終えました。

娘の幼稚園は縦割りなので、何をするにも3学年一緒に過ごしているのですが、
どうやら年長さんのお兄ちゃんが、遊びで誘ってきたゲームが娘的にはいじめられる感じを
うけたらしく、断っても断ってもどうにも出来ず辛くなってしまったようでした。

今日は「まだ少し喉痛いかも…」と言いつつ、普通に幼稚園に行った娘。
昨日の一件は今日は何ともなかったようですが、今度は習い事がらみで
同級生のお友達から言われて困っていたことがあったらしく、夜寝る前になって
泣きながら話してくれました。
娘のことを頼りにしてくれているYちゃんと一緒に昨年までスイミングに通っていたのですが、
バレエとスイミングの両立に私も娘もちょっとハードさを感じ、今年からスイミングを辞めて
バレエだけにしていました。
ところが、Yちゃんは頼りにしていた娘がいないことでスイミングが寂しいらしく、
「バレエ辞めちゃいなよ、スイミングに来てよ〜!」と何度も言っていたそう。。。
娘の中ではすっきりスイミングは辞めたはずだったのに、思わぬことを言われ、
バレエ自体も辞めなきゃいけない気分になってしまい、家での練習中に突然
「もうバレエ辞める〜!」と号泣。

今まで思ったことはその場で何でも私に言ってきていた娘が、
すこしずつ自分の胸の中に抱えたり、感じてくすぶっていることが出てきて
自分の気持ちとも葛藤しているんだなと成長を感じる半面、
今までのようにスパっと相手に返せない優しさや繊細な部分もあるんだな、と
今回の件でよくわかりました。

日常生活のお世話ではすっかり手が離れてきていたので、あぁお母さん業も
ずいぶん楽になったなぁとホッとしていましたが、これから支えてあげるのは
こういう部分なんだ、と痛感した出来事でした。

子育てって、、、奥が深い。。。
[PR]
# by sawamaman | 2013-03-01 22:23 | こそだて | Comments(0)

テンポって大事。

少し前に夫に譲ってもらったiPod。
普段あまり使ってなかったのですが、最近音楽にこもる?ことが心地よく
ちょこちょこと使っています。

仕事でバタバタしたり、いくつものことが頭の中でザワザワ〜っとしている時
つい自分のテンポを見失ってイライラしてしまうことが多いのですが、
そんな時に助けてくれるのがこの曲。

ベートーヴェン:交響曲全集III~第7番・第8番・第9番「合唱」

ヴァント(ギュンター) / BMGインターナショナル



クラシックの王道というか、第九は誰もが馴染みの音楽かと思います。
私も聴いたり、演奏したり、でもこうしてじーっくり聴くのは数年ぶりというか
あらためて聴くととても新鮮でした。
学生時代、吹奏楽、オーケストラ三昧だった私にこの指揮者を教えてくれたのは、
トランペットの師匠でした。
ギュンターヴァント。
日本でいうと、朝比奈隆さんと同世代、そしてほぼ同じ年齢で亡くなられたドイツの
名指揮者です。一つ一つの音がとても丁寧に扱われ、とても音楽を大切にされている
のが伝わってくるような演奏です。
なかでもベートーベンは拍を刻むような音楽が多く、ゆっくりと耳を傾けていると
自然と自分の中のテンポが整ってくるような気がします。

結婚して、出産してすっかり音楽の世界から遠ざかってしまったけれど、
こうして少しずつ自分の生活にまた取込んでいけるといいな。
[PR]
# by sawamaman | 2013-02-09 13:51 | よいもの | Comments(0)

さんかんび。

今日は、学級閉鎖で延期になっていた参観日でした。
朝のお着替えからはじまり、それぞれに「お仕事」にとりかかります。
モンテッソーリ園なので、カリキュラムのほとんどが「お仕事」。

お仕事の内容は本当に幅広く、読み書きから手工芸的な手先を使ったもの、
大きさを比べたり、音や形を比べるような教具。
みんなそれぞれに自分がしたいお仕事を選び、取り組んでいました。
まだ3〜6歳の子供達が約1時間集中して何かに取り組むのは、なかなか
大変なことだろうなぁと思いながら見ていました。
好き嫌いもあるだろうし、もっともっと身体を動かしたい!!と思う子も
いて当然。
後半は手を休めて他の子とじゃれあったり、ぶらぶらと歩きながら他の子の
お仕事を眺めたり。大人でもそうなるよなぁ〜と。

娘はいたってマイペースに3つほどのお仕事に取り組んでいました。
1学期にあった参観日に比べるとずいぶんお仕事の内容も高度になり、
自分で黙々と取り組んでいました。

ただ、正直、すごい!と思った半面、これで3年間過ごさせてしまって
よかったのだろうか…と疑問がわいているのも事実。
もっともっとお友達と遊びを作り出したり、協力したり、考えたり、
外で思いきり大声を出してはしゃいだり…
今しか出来ないことが、あまりに後回しになっている気がしてしまったのです。
モンテッソーリを十分に勉強しないまま入れてしまったこと、
でもすべてのモンテ園がこうなのか?という疑問もあり…。

以前はここまで徹底していなかったそうですが、年々モンテ教育に力を入れ、
それに費やす時間も増えているそうです。

作業がきちんと出来ることが大切なのか?
今、薄れつつあるお友達とのコミュニケーションをもっともっと出来るように
機会を作ってほしい。。。と思わずにはいられないのでした。

そうこう言っても仕方ないので、足りない部分は家庭で何か出来ることがないかなと
模索しているところです。
一人っ子ということもあり、周りは大人ばかり。
やっぱり体験の場は公園かなぁ〜

ぶつぶつと独り言の多い参観日となりました(苦笑)

来週は個別懇談。
何を言われるのか、また今感じていることを伝えるべきか否か。。。
さてさて、て、て。

d0176352_1536730.jpg

[PR]
# by sawamaman | 2013-02-07 15:36 | こそだて | Comments(0)

おひとりさま。

d0176352_1617436.jpg

予定では今日まで学級閉鎖の娘。

今日は私が仕事だったので、朝から義実家へお願いして預かってもらいました。

八連休で友達にも会えず、私と夫としか遊べなかった娘は喜んで出かけていきました。

こうして毎回ヘルプしてくれる義両親に感謝。

おかげさまで私も久しぶりに一人時間。

大好きなパンと大好きなプリンでぼんやりとこの時間を満喫したいと思います(^ ^)
[PR]
# by sawamaman | 2013-01-30 16:17 | Comments(0)

住み慣れた神戸を離れ、横浜の地へ引っ越してきました。家族のこと、本のこと、自分のこと等々、ぼちぼちと。


by sawamaman