カテゴリ:てづくり( 3 )

夏の飲みもの。

先日、長女の習い事お迎えの待ち時間に次女ととあるカフェへ。
とっても蒸し暑い日だったので、スッキリしたくて注文したのが
自家製ジンジャーエール。
正直、市販のジンジャーエールは苦手で飲まないのですが、
その日はなぜかビビッと(苦笑)

そして飲んだその味は、予想以上に美味しい!!!
ピリっときいたスパイスとちょうど良い甘さに、スーッと気持ちよく
なりました。

それから数日して、偶然ショウガの前で立ち止まったワタシ。
おっ!これは作ればいいんじゃん!
と、今まで気づかなかった自分にもびっくりしつつさっそく
台所でごそごそ…

実はすっごく簡単に出来ることが判明(苦笑)
これは、この夏病みつきになりそう〜。
というわけで、炭酸で割ってごくごく飲んでいます。

夏の冷え対策にも一杯!
元気に夏をのりきりたいものです。

*レシピ**********************************
ショウガ   300g(千切り)
砂糖     300g(我が家は三温糖で)
水      350cc
レモン汁   20cc
シナモン   適量(スティックがあれば1/2本〜1本)

レモン汁以外の材料を入れ、弱火で15〜20分ほど灰汁をとりながら煮る。
火を止めて、レモン汁を加えて冷ます。
完全に冷めたら、煮沸消毒した瓶に入れ、冷蔵庫で保存。

☆ショウガはお料理に使ったり、飲む時に一緒に食べてもOKです。

d0176352_1136444.jpg

[PR]
by sawamaman | 2014-08-06 11:36 | てづくり | Comments(0)

3月。

d0176352_0242824.jpg


すっかりご無沙汰している間に3月になってしまいました。

年が明けて、怒涛のように毎日が過ぎて、書きたいことがたまりつつ、
考えたいこともいっぱいですっきりしない毎日。
でも、目の前には毎日いろいろやることがあって…。

少しずつ落ち着きを取り戻しつつ、自分の頭の中のことも書いていこうかな。
春の訪れとともに、ぼちぼちと。

3日でマフラーを仕上げました。
お仕事がらみでしたが、急を要するとのことで非常勤ながら参戦。
長い冬を過ごされる被災地の方にどうかどうかぬくもりが届きますように。


d0176352_0242988.jpg


あと1ヶ月ちょいで待ちに待った幼稚園生活のスタート。
娘は、それはもう楽しみで楽しみで仕方ないらしく、
そんなウキウキしている娘へ作った袋達。
作りながら、
「そういえば、さくらんぼのテープは生まれる前に作った
 スタイに使ったんだった~」と、
懐かしさと3年間の早さにしみじみしながら縫いました。

3年間、楽しい時も、ちょっぴり慎重になった時も、
娘の幼稚園生活をそっと支えていけたらと思います。
[PR]
by sawamaman | 2012-03-01 00:24 | てづくり | Comments(4)

れざーくらふと。

ひょんなことから習いにいくことになったレザークラフト。
はじめてから2ヶ月がたちました。

学生時代の実習講義で、病院勤務時代にちょこっとかじった程度
だったレザークラフト。
私の中では、工程は多いし、なんだか難しいし、技術がいるし・・・
何より手軽に家では出来ないのでかなり敬遠していた種目でした。

そんな縁遠かったレザークラフト。

やってみると実はおもしろい。

元々凝り性の私。
模様を決めたり、色を決めたりするのも凝る凝る(笑)

でも、上手になるにはとにかく数をこなすことらしいので、
スパッと決めて作業にとりかからなきゃいけない部分もあるのです。

子育てどっぷりの生活で、じっくり集中してものづくりをしたのは
久しぶり(ちなみにこの時間、娘は保育園)。
たまにはこういう時間も必要です。

そんな、第一作目がこちら。『キーケース』

d0176352_16573819.jpg


d0176352_165820100.jpg


クリスマス時期に作ったので、何となくクリスマスカラー(笑)


そして、第二作目は、『ペンケース』

d0176352_16595951.jpg


d0176352_1701217.jpg


この模様を見れば、私の凝り性がわかるかも・・・(笑)
でも、二作目にしては自分でも上出来。
結構気に入ってます。


そして、今は、財布を作っています。
これまでとはまた違う技法で作るのでなかなか四苦八苦していますが、
また出来上がったらお披露目しようと思います。
[PR]
by sawamaman | 2011-01-11 17:03 | てづくり | Comments(0)

住み慣れた神戸を離れ、横浜の地へ引っ越してきました。家族のこと、本のこと、自分のこと等々、ぼちぼちと。


by sawamaman